確定拠出年金の初期設定から変更のお奨め

確定拠出年金イデコ iDeCo  DC)は、

  1. 全額所得控除で始めた年の所得税(率5-40%)と 翌年の住民税(大概の人が10%)が下がります。合計で15-50%も 節税による実質利息が2年でつきます。
    .
  2. NISA同様 運用期間中の利益に課税されません
    .
  3. もらう時も 退職金控除と公的年金控除の併用が可能で、ほとんど課税されないか 税率を低く抑える事が可能です。

と3度美味しい制度になってます。ですが、

  • 積立は60歳まで(運用は70歳まで可)
  • 原則60歳より前には 下せません(老後の為には むしろ望ましい)

と言うデメリットもあります。非常に有利な制度ですので、120%の活用を強くお奨めします。

しかし、初期設定の元本確保型にしている人が 非常に多いそうです。これでは ほとんど増えません。利益に課税されない利点を ほとんど捨ててます。下記サイトで 計算できますが、例えば毎月2.3万円 20年積み立てて、運用した場合 積立総額552万円が

積立簡単シュミレーション

  1. 元本確保型で年平均0.1% 5,575,335円
  2. 少しリスクをとって年平均4.0% 8,435,816円

と1.の場合は5万円程度しか増えず、300万円近くも 少なくなってしまいます。ぜひ拙著ブログの下記等を参考に、初期設定から変更しましょう。

アセットアロケーション(資産配分)で 長期投資の成否は決まります!

下記は私の確定拠出年金の例です。今年の初めまで スルガ銀行で、「新興国株式型」で運用してました。大失敗で、移管時には ほんの少しマイナスでした。ひふみ年金に変えたくて SBI証券に移管しました(ひふみ年金は、このブログ執筆時点で SBIでしか買えません)。

まだ6ヶ月強しか運用期間がありませんが、既に8.1%の含み益が出てます。勿論 環境が良くて運も良かったのだと思います。(投資信託ですので、元本割れの危険性もあります。勿論 他の資産クラスにも きちんと分散投資していて、確定拠出年金には 期待リターンの高い「ひふみ年金」を100%割り当ててます)

確定拠出年金20170620

確定拠出年金20170620

本当にお金が増える投資信託は・・・のお奨めの投信積立ます!

本当にお金が増える投信は

本当にお金が増える投信は

ひふみ投信のように インデックス投信より好成績を上げるアクティブ投資信託は 少数派ながら確かに存在します。そんな投資信託をファンドアナリストが集めた本らしいです。

「本当にお金が増える投資信託は、この10本です」 篠田尚子著
https://goo.gl/BQyOcs

フォトリーでざっと読みましたが、理論や選別方法にはある程度納得できました。後は自分で確かめるのみ(笑)。

私のメインはSBI証券ですので、比較の為に 楽天証券で少額積立(千円/月)で 9本(セゾンの資産形成の達人は、買えませんでした。楽天証券でも確定拠出年金だけらしいです)全部千円ずつ積立設定しました。

ついでに、「たわらノーロード TOPIX」 「ひふみプラス」 「SBI 中小型割安成長株ファンド(年2回) 『愛称 : jreviveII』 」(他の方から これも成績が大変良いと 教えてもらいました)の3本も加えて計12本、比較の為に積み立てる事にしました。

半年一年後の結果は またここで報告させていただきます。

BRM610高岡600kmオダックス近畿を完走して4年連続SR確定!3

その2からの続きです。大きな峠を越えたのですが、ここから白川郷 五箇山を越えて、砺波平野に出るのに 中規模の峠をいくつか越えないと いけなかったのです。

もう足は売り切れてます。大きな峠からの下りで 回復するのに望みをかけたのですが、ダメでした・・・。登れません! 2-3度座って休憩したり、2-3度自転車をおりて200-300m押して上がりました。

おまけにかなり強い向かい風でした。(往路も強い向かい風だったのに)

富山県に入って休憩中

富山県に入って休憩中

時間的に余裕はあったので、いつかはゴールするだろうと思いましたが、とても苦労しました。今日の朝スタートした200kmブルベ組とすれ違ったり、もっと行くと 折り返してきた200km組に抜かれたりしました。

ようやく砺波平野に入り ここからはほぼ平坦です。売り切れた足も ようやく回復してきました。ところが ここでも かなり強い向かい風でした。あと30-40kmほどなのですが、一生懸命にごいでも、時速20-22kmほどしか出ません。

あと10kmほどで また足が売り切れてしまいました(笑)。ようやくゴール、36時間18分でした。これで4年連続SR達成です。ゴール受付をして、その受付場所のカフェで ご褒美のチョコレートパフェを注文しました。非常に美味しかったです!

BRM0610 600kmゴールしてご褒美

BRM0610 600kmゴールしてご褒美

オダックス近畿のBRM429 近江八幡400km(城崎温泉往復 PCを1つすっ飛ばして 時間内完走したのにも関わらず 認定外完走)で、舞鶴で雨宿りして一緒に うどんを食べたG氏と再会しました。

G氏は200kmに出ていたのです。舞鶴で一緒に食べた時には、黒メガネをかけてらっしゃったので、(その印象が強く)この時は思い出せませんでした。

ゴールしてG氏(写真手前)と再会

ゴールしてG氏(写真手前)と再会

今年のブルベ参加予定&結果です。順調に消化してきています。心残りは オダ近のBRM429 近江八幡の400kmだけです。時間内に完走したのですが、PC4をすっ飛ばして(気がついた時には クローズ時間を過ぎてました)、ルール的にはDNF(Do Not Finish です。しかし、スタッフの温情で認定外完走になりました。

PC飛ばしましたが、誓ってルート通りに走ってます。途中のコンビニ2-3箇所で 3-5人のブルベ走者と談笑してます)。

このBRM610高岡 600kmを完走し、4年連続のSR(スーパーランドナー)です。
△:予備 *:申し込み済み ■:は完走済み X:未完走  ()内の数字mは 獲得標高です。

1.■オダ近 BRM107(土) 近江八幡200km (松阪往復 1,427m)
2.■RC名古屋 BRM226(日) Naoya200km (浜名湖 1,387m)
3.■AR中部 BRM311(土) 瀬戸200km (北恵那)
4.■オダ近 BRM325(土) 近江八幡300km (知多半島 1,764m)
’ 4-1.△RC名古屋 BRM325(土) Naoya300km (気比の松原 2/11-)
5.■オダ近 BRM401(土) 丸岡200km (福井県嶺北一周 1,646m)
’ 5-1.△オダ近 BRM415(土) 枚方600km (丹後半島敦賀 5,053m 3/6-)
6.■AR中部 BRM422(土) 瀬戸300km (4,500mくらい)
7.Xオダ近 BRM429(土) 近江八幡400km (城崎温泉 3,751m DNF  認定外時間内完走)
’ 7-1.△RC名古屋 BRM429(土) Naoya400km (奈良飛鳥路 3/15-)
8.■AR中部 BRM513(土) 瀬戸400km (めろん400)
9.■オダ近 BRM610(土) 高岡600km (大津往復)
’ 9-1.△AR中部 BRM610(土) 瀬戸600kn (甲州上州征伐(かなりの難コース) 翌々日休日でない)
10.AR中部 BRM924(日) 瀬戸200kn (信州)
11.オダ近 BRM1028(土) 金沢400km (のと一 4,068m 9/11-)
11-1.△AR中部 BRM1028(土) 瀬戸400kn (福井県へ 翌々日休日でない)

BRM610高岡600kmオダックス近畿を完走して4年連続SR確定!2

その1からの続きです。チェーン修理が済んだので、気を取り直して 走行を再開しました。

BRM0610の600kmブルベを一緒に走った戦友

BRM0610の600kmブルベを一緒に走った戦友

今回600kmを一緒に走ったバイクです。たぶん このバイクが私と一緒に一番長い距離を 今まで走ってきました。後ろのSnewのバックには レインウェア等 一杯に入っていて、バイクと合わせた総重量は13-15kgくらいもあると思います。

去年無念のDNF(Do Not Finish)だったBRM611 江南600kmブルベ(AR中部)の反省を生かして、荷物を減らしました。予備の電池(大容量エネループ単三)は 一揃い持ちましたが、ライトは前後とも最小限の2灯ずつです。

岐阜 関ケ原 米原 彦根 守山と結構快調に走れました。琵琶湖大橋西端のPC5も、ヨーグルトを買って食べてすぐに出発しました。

調子もよく 数人追い抜きました。(この無理が 後になって たたってくるとは、思いもしませんでした)

450km地点くらいから、だんだん足が売り切れてきました(笑)。一ヶ月近く1日50km以上走ってないので、無理もありません。ですが490kmくらいの蛭ヶ野峠を越えれば、後は基本下り基調になります。

ですが、登れないのです。2-3回座って休憩したり 2-3回数百m押して上がったり。折り返してから 抜いてきたであろう人達にも 抜かれました。

すっかり明るくなってましたが、コインランドリーで15分くらい休憩を兼ねて仮眠もとりました。時間的には2-3時間の貯金があり、余程の事がなければ いつかは完走できるだろうと思いましたが・・・。

ようやく約490km地点の分水嶺を越えました。とっても嬉しかったです。ところが ここからも、結構大変だったのです・・・。

その3へ続く。

BRM610高岡600kmオダックス近畿を完走して4年連続SR確定!1

600kmブルベを36時間18分で完走して認定されました。これでSR(Super Randonneur)を4年連続でゲットできました!

(SRとは 一年の内に、200, 300, 400, 600kmを制限時間内に完走した人に 与えられる称号)

BRM610高岡600kmオダックス近畿

BRM610高岡600kmオダックス近畿

上図のような往復コースで、獲得標高は約4,600mと 難易度はそんなに高くないと思われました(だから 応募しました(笑)。同じ日に AR中部さん主催の、獲得標高9,000m以上の 過酷な600kmブルベがあったのですが、逃げました(笑)。

SRがかかってなければ、試しに中部さんのに出走したかも知れません。ですが 実力ある方々が 次から次へとDNF(Do Not Finish 棄権)され、出ていたら たぶん私もDNFだったと思います。

5/13にAR中部さんの「めろん400km」を完走して以来、それなりに練習はしてきましたが、一度も一日50km以上 サイクリングしてきませんでした。気がついたら もう1週間前でしたorz。

案の定 制限時間内完走はできましたが、後半足が売り切れ 490km地点の最後の峠(岐阜-富山県境)を越えるのが とっても大変でした。

スタートして 暫くしてかなりきつい向かい風に悩まされました。富山県の五箇山や白川郷の登坂もかなりきつい向かい風でした。そんな序盤に、サイクリング中で生まれて初めて チェーンが切れたのです。

生まれて初めて走行中にチェーン切れ

生まれて初めて走行中にチェーン切れ

最初はチェーンが外れたのかと 思いました。なんだか このブルベの結末を予想させるようで、暗澹たる気持ちになりました。ただ 修理道具(チェーン切りは 携帯ツールに付属)やコマ ピンは携帯していたので、修理に取り掛かりました。

コマやピンが入った袋を見ると 見慣れない部品が入ってます。ミッシングリンクだったのです! 思わず「ラッキー!」と心の中で叫びました。これがあれば 短時間でつなげます。チェーン切りで 破損したチェーンのコマを 取り除きました。

既についているミッシングリンクで破損したのかと危惧しましたが、そうではありませんでした。他の部分で破損してました。

チェーンを通し間違えると、ミッシングリンクは 専用工具を使わないと 外すのが大変です(一度経験済み)。通し間違えないように 何度も確認してから、ミッシングリンクでつなぎました。

切れたチェーンの修理完了

切れたチェーンの修理完了

10分くらいで 修理は完了し、走行を再開できました。付近で車で駐車していた 親切なお兄さんが「どうしたのですか? 大丈夫ですか?」と 声をかけてくれました。「チェーンが切れました。」と答えたら、「それは大変ですね!」と言われました。

「ご親切にどうもありがとうございます、でも もう修理できました。」と答えました。万が一 複数のコマが破損して落としていると、チェーンが短くなってます。アウター+ロー(一番大きな前後ギアの組み合わせ)で リアディレイラーが 前に動く余裕がある事も確認しました。

(もし万が一短くなっていると 上記の組み合わせ時に、リアディレイラーを壊す恐れあり)

このロードバイクのチェーンは 前にいつ交換したのか覚えてないくらい古いです。他のコマも弱っているかも知れません。以後は 通常より高ケイデンスで 軽いギア比で回すことを 心掛けました。

(お蔭様で最後までもちました。メーカーは5千km走ったら チェーン交換時期だと言ってます。ですが 私は非力なので チェーンはもっともちます。注油もウエット・タイプで 摩耗もしにくいです。

強力なペダリングで切れたわけでは ありません(笑)。変速がしにくくなったら 私は交換してました(摩耗でチェーンがくねくね変形しやすいと、変速しにくくなる)。このチェーンは 念のため、戻ったら新品と交換するつもりです)

その2へ続く。

5月も921kmも サイクリングしました~!

2017BRM513

2017BRM513

5月は400kmブルベが一回だけの割に かなり走り込めました。ただ やはり走り込み不足は感じます。BRM610高岡の600kmブルベに 一抹の不安はあります(笑)。

今年の走行距離[km] 2016年 2015年 2014年
694 621 552 565
359 740 644 627
763 920 769 916
1,313 1,259 1,268 887
921 1,694 1,649 1,404
924 1,024 1,233
1,021 724 738
1,001 921 1,049
1,170 1,682 1,538
10 802 1,129 580
11 1,015 651 547
12 835 980 310
総計 4,050 12,002 12,011 10,392

今年のブルベ参加予定です。順調に消化してきています。心残りは オダ近のBRM429 近江八幡の400kmだけです。時間内に完走したのですが、PC4をすっ飛ばして(気がついた時には クローズ時間を過ぎてました)、認定外完走。

今年は600kmは、BRM610高岡だけですので、万全の体制で臨むつもりです。4年連続のSR(スーパーランドナー)がかかってます。
△:予備 *:申し込み済み ■:は完走済み X:未完走  ()内の数字mは 獲得標高です。

1.■オダ近 BRM107(土) 近江八幡200km (松阪往復 1,427m)
2.■RC名古屋 BRM226(日) Naoya200km (浜名湖 1,387m)
3.■AR中部 BRM311(土) 瀬戸200km (北恵那)
4.■オダ近 BRM325(土) 近江八幡300km (知多半島 1,764m)
’ 4-1.△RC名古屋 BRM325(土) Naoya300km (気比の松原 2/11-)
5.■オダ近 BRM401(土) 丸岡200km (福井県嶺北一周 1,646m)
’ 5-1.△オダ近 BRM415(土) 枚方600km (丹後半島敦賀 5,053m 3/6-)
6.■AR中部 BRM422(土) 瀬戸300km (4,500mくらい)
7.Xオダ近 BRM429(土) 近江八幡400km (城崎温泉 3,751m 認定外時間内完走)
’ 7-1.△RC名古屋 BRM429(土) Naoya400km (奈良飛鳥路 3/15-)
8.■AR中部 BRM513(土) 瀬戸400km (めろん400)
9.*オダ近 BRM610(土) 高岡600km (大津往復 3/20- 翌々日休日でない)
’ 9-1.△AR中部 BRM610(土) 瀬戸600kn (甲州上州征伐(かなりの難コース) 翌々日休日でない)
10.AR中部 BRM924(日) 瀬戸200kn (信州)
11.オダ近 BRM1028(土) 金沢400km (のと一 4,068m 9/11-)
11-1.△AR中部 BRM1028(土) 瀬戸400kn (福井県へ 翌々日休日でない)

BRM513 めろん400km AR中部 25時間47分で完走・認定されました3

その2の続きです。クローズ時間1分前と言う事は 貯金はほぼゼロです。すぐにヨーグルトを食べて 出発しました。これから かなり長く下りですし、それから ゴール近くまでは、ほぼ平坦です。挽回して貯金できる可能性は 十分あります。

快調に飛ばせました。これなら 十分に時間内に完走できそうだと 思いました。暗い夜の道を 一心に走ります。昔高級旅館に泊まった事もある 蒲郡(がまごおり)も真っ暗闇の中を 通過しました。浜名湖の周辺の夜景は とても綺麗でした。

信号で停まっていると 後続者に追い抜かれました。しばらくついていったのですが、遅いと思ったので、追い抜きました。(前回のブログで書いた通り かなり回り道したので)走行距離が 最後のPC5(チェックポイント)になっているのに、一向にGPSに 印が現れません。

心配になって 止まって、後続者を待って 聞きました。(前回の近江八幡のブルベBRM429の400kmでは PCを1つ飛ばして、時間内完走したのに 認定外になってます(涙) まだかなり先らしいです、ついていく事にしました。

BRM513AR中部の全ルート

BRM513AR中部の全ルート

最後のPC5に着くと 20人くらいのランドナーが、休息・補給をしています。50分くらいの貯金もできました。でも このくらいの貯金は パンク等2つ以上のアクシデントを考えると、ギリギリです。大きなパンを1つ買って 食べながらすぐに走る事にしました。

食べながら走っていると 出発の時に 挨拶した、女性ランドナーに追いつきました。パンを食べ終わったので、声をかけて 追い抜いて行きました。(これ正解だったと思います。ゴール近くは かなり上り下りがあり、信号機も多く 最後はかなり登りました。時間かかりました)

調子が良くなり 数人追い抜きました。ですが パン1つでは やはり足りませんでした。アップダウンがかなりあり、あと20kmくらいの地点で、ハンバーノックになりそうになり 止まって補給しました。出発の時にもらった 補給食が大変役に立ちました。

後はカラ元気を振り絞って ラストスパートして、1時間10分くらいの貯金のまま 完走・認定されました!

△:予備 *:申し込み済み ■:は完走済み X:未完走  ()内の数字mは 獲得標高です。

1.■オダ近 BRM107(土) 近江八幡200km (松阪往復 1,427m)
2.■RC名古屋 BRM226(日) Naoya200km (浜名湖 1,387m)
3.■AR中部 BRM311(土) 瀬戸200km (北恵那)
4.■オダ近 BRM325(土) 近江八幡300km (知多半島 1,764m)
’ 4-1.△RC名古屋 BRM325(土) Naoya300km (気比の松原 2/11-)
5.■オダ近 BRM401(土) 丸岡200km (福井県嶺北一周 1,646m)
’ 5-1.△オダ近 BRM415(土) 枚方600km (丹後半島敦賀 5,053m 3/6-)
6.■AR中部 BRM422(土) 瀬戸300km (4,500mくらい?)
7.Xオダ近 BRM429(土) 近江八幡400km (城崎温泉 3,751m 認定外時間内完走)
’ 7-1.△RC名古屋 BRM429(土) Naoya400km (奈良飛鳥路 3/15-)
8.■AR中部 BRM513(土) 瀬戸400km (めろん400)
9.*オダ近 BRM610(土) 高岡600km (大津往復 3/20- 翌々日休日でない)
’ 9-1.△AR中部 BRM610(土) 瀬戸600kn (甲州上州征伐(かなりの難コース) 翌々日休日でない)
10.AR中部 BRM924(日) 瀬戸200kn (信州)
11.オダ近 BRM1028(土) 金沢400km (のと一 4,068m 9/11-)
11-1.△AR中部 BRM1028(土) 瀬戸400kn (福井県へ 翌々日休日でない)

BRM513 めろん400km AR中部 25時間47分で完走・認定されました2

BRM513東栄-設楽のルート間違い

BRM513東栄-設楽のルート間違い

その1の続きです。コンビニ・ラーメンを食べて 塩分補給で、スープも全部飲み干しました。お腹も一杯になり 元気に再スタートしました。

坂を登っていくと 道なりなら直進、GPS上のルートは 右斜め前の道です。キューシートを見ても 記述がありません(ないと言う事は 道なり直進だったのです)。新しい道らしく GPSの地図(古い)で 表示されません。迷いました。

GPSのルートは 次のPC(チェックポイント)に繋がっているのを 確認しています。直進の道は GPS上にないので、先がどうなっているのか わかりません。つながっている可能性は高いと思いましたが、時間の余裕があまりない上に 深夜11時頃です。もし 直進して違う方面へ行ったり つながってなければ、時間切れ失格なり しかも深夜の道を戻らなければ なりません。

確実な右斜め前の道を いく事にしました。上の地図のように かなり回り道で、標高差の高い所を 通ります。(柿色の矢印に沿った 黄色の道を行くのが 正しい道でした)

急な坂をうねうねと登りました。一向に峠らしき印が GPSに現れません。峠を越えれば 後は下りなので、早く次のPCに着くことが できます。本当にもう半泣き状態でした! 急いでこぐので 脈拍も180程度まで上がってきました。(たぶん 心理的動揺もあり 上がったのだと思います。このブルベで 180以上になったのは この時だけでした)

180以上の脈拍数は 少々危険なので、少しペースを抑えて 淡々と上がります。峠の印が見えてきた時は 涙が出るほど嬉しかったです。照明の全くない真っ暗なトンネルを抜けて、一気に下ってクローズ時間5分前くらいに 次のPCに着きました。急いでお店に入って 目についたヨーグルトを持って レジに向かいます。

店員さんがいません。呼んだら出てこられて、どうも奥で 居眠りしてたようです。もたもたしているように見えて 少しイライラしました。「急いでください!」と お願いして、やっとクローズ1分前のレシートを もらう事ができました! 間に合ったのです!!!

本当にこの1分前とか 5分前とか、縁があります(笑)。4年くらい前に 初めて600kmを完走した時は5分前の39時間55分。一昨年1,000kmを初めて完走した時は奇跡の1分前 74時間59分。何回か前のAR中部さんのブルベは、途中の中華料理屋さんで ゆっくり昼食を食べてコーヒーまで飲んで、次のPCがクローズ1分前でしたorz(必死にこぎまくりました!)。

その3に続く。

BRM513 めろん400km AR中部 25時間47分で完走・認定されました1

峠を越える道に出発

80人くらいエントリーしたらしいですが、一日中雨の予報で 出走したのは 20人くらいだったらしいです(笑)。駐車場に着くと 車が5-7台くらいしか 止まってません。マジで 時間を間違えたのかと思いました。

受付でM嬢(たぶんエントリーしていたのに、雨で止めたのでは?)と一緒の男性の方から、補給食料をもらいました。(これが 最後のアップダウンの連続に 大いに役に立ちました)

例のごとく 準備に手間取って、定刻より5分遅くスタート。スタートから雨は 初めての経験でした。まさか8時間も降り続くとは 思いもしませんでした。前半の1/4くらいは 斜度10%以上の激坂が続きます。雨でブレーキの効きが悪く 路面も濡れて滑りやすいので、下りでもスピードが あまり出せません。

PC1(チェックポイントNo.1)は約30km地点、ここで約50分の貯金ができました。前半1/4の坂を過ぎれば ずっと平坦区間で 貯金できそうですし、雨は降り続いてますが順調だなと思いました。

ところが 浜名湖から掛川までの平坦区間が、ちょっと強めの向かい風です。平均時速20-23km程度しか 出ません。信号等で止まりますし ここでほとんど貯金できませんでした。いつもはPC毎に だんだん貯金が増えて行くのに、今回は悪い予感がしました。雨は午後4時ごろには ほぼ止みました。

スタート準備の時に いつもはキューシート、透明な下敷きみたいなのに入れているのですが、ブリーフィングで取り出すので、今回は上に出してました。横殴りの雨で ちょっと濡れてしまいました。PC3(約175km地点)に着くころには、下から侵入した雨水でピッタリくっついて 無理にはがそうとすると 破れそうでした。

一緒に走っている人に くんま水車の里の距離を教えてくださいと頼みました(PCの距離は ブルベカードに書いてあります)。そうしたら 余分にキューシートを持っているとの事で、幸運にもいただけたのです。以降大変助かりました。お礼に 栄養ドリンクを買って進呈いたしました。

(耐水性の印刷用紙持っているのですが、今回は雨が降らない予報でした。2-3日前に 雨予報に変わり、雨用意に気を取られて、キューシートの再印刷まで気が回りませんでした。PCやSecretの位置は GPSにも入ってます)

くんま水車の里に着くころには すっかり暗くなってました。ここで 指定の写真を撮っていると 車から声をかけられます、H氏でした。ちょっと立ち話をして 「すみません、あまり時間ないので 愛想ないけど行きます。」と言って 別れました。

中設楽のファミリーマートには 寄らないつもりだったのですが、小腹が空いてきました。このまま坂を登り続けると ハンガーノックになりそうだったので、補給する事にしました。(山道でコンビニ等 補給できる場所が限られますし)

お店の前で H氏とさっきキューシートを頂けたブルベ走者の方が 懇談してます。私も声をかけて お店でラーメンを買い 横のイートンで休みながら 食べました。

イートンでラーメンを食べて補給

イートンでラーメンを食べて補給

ここから 大変な思いをするのですが、それは次回に!

 

楽天で最初の1年管理手数料無料です! 10万円越えれば無料、確定拠出年金

確定拠出型年金 イデコ iDeCo DC

確定拠出型年金 イデコ iDeCo DC

確定拠出年金(イデコ iDeCo DC)は老後の為の 最強の制度です。全額所得控除ですので、所得税と住民税を払っている人は 2年間で15-40%もの節税による 実質確定利息がつきます。こんなに短期間で確定高利回りの金融商品は 他にありません。

楽天証券で 最初の1年間管理手数料無料 残高10万円以上で 同様に無料のキャンペーンをやっています。個人型をMax.やれば 2.3万円/月で 1年間で10万円は越えます。無理なら毎月8,400円以上やれば 越えます。

(他に毎月数百円程度の諸手数料かかりますが、それは どこで開設してもほぼ同じです)

確定拠出年金は 原則60歳まで引き出せない等の デメリットもありますが、老後の為には むしろ望ましいです。NISA同様 利益に非課税、もらう時も 退職金控除と年金控除を組み合わせ可能で、ほとんど課税されないか、課税されても 低く抑える事が可能です。

国が用意した老後の為の 優遇制度です。利用される事を 強くお勧めいたします。