5年で10%の儲けでも 投資としては失敗だと私は思います!

投資

投資

新興国株式型の投資信託やETFは、他のに比べて価格変動が激しいです。5-7年前 私は新興国株式型の投資信託やETFで、チマチマ利益確定し儲けてました。ハイリスク・ハイリターンなら 新興国株式型と言われてました。

調子に乗って 海外株式型の資産クラスのうち、半分程度を新興国株式型のETFにしたのです。その後 新興国から資金が逃げだし、去年までずっとマイナス状態(含み損)でした。やっとトントンになり、その後10%くらいの利益率で 約半分を少しずつ売りました。

今又資金が逃げだしていて、残った約半分は 5%くらいの含み益になってます。ですが現在 海外株式型のうち 新興国株式型が約25%で、全世界株式の時価総額うち 新興国株式時価総額が約11%に比べると、2倍強で やや割合が多い程度になりました。以前の半分は明らかに リスクを取りすぎだと、私は思います。

5年で10%の儲けでも、1.10を5乗根すると

1.10^(1/5)=1.0192

と1.92%の年平均利回りにしか、なりません。下記リンク先にもあるように、年平均3-4%で運用することは、それほど困難では ありません。3-4%を上回れなければ、投資としては失敗だと私は思います。

波乱に負けない分散投資 積み立てでコツコツ グラフC参照 GPIFの新資産配分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です