これはすごい非科学的な話 美味んぼの漫画

こんにちは! 生地通販の生地屋店長です。

本当に呆れました、美味んぼの鼻血の件は、白血病とかではなく 放射線によって 鼻の粘膜の細胞が 切断されて 出ていると言う想定らしいです。

「ビックコミック・スピリッツ」は店頭には無かったが カウンターの後ろにあった!

放射線が当たっても 出血なんてしませんて・・・。遺伝子のようなミクロなレベルで 遺伝子の鎖が切断されて 正常に細胞が再生されなくなって いろいろな障害がでるのですが・・・。(ケロイドになるくらい 大量に浴びた場合は また別の話です)

(5/19追加:放射線で 鼻血が出るのは、ありえない話でも ないらしいです。
http://kijiya.org/?p=9561#comment-391102
ただ 上記のコメントにも 書いてますが、鼻血を出した人の割合が 低すぎます)

上記のブログでは 閉架(表に出して 販売してない)を 問題にしてますが、良識があったら 私が店主でもこんな非科学的な話の 漫画や本は売りたくないです。

ただ 面白いだけなら いいと思いますが、現実に大きな迷惑がかかる人も沢山いるでしょうし、多くの人々を不安に陥れてしまいます。

放射線で細胞が傷ついて こんなに大量に出血は しないよなあ~
元双葉町長、血つき「鼻血写真」を公開

この写真を Facebookで 探したのですが、見つかりませんでした。探し方が悪いのか? シェアが600回以上とか 好意的なコメントが多いとか。

まあ あの非科学的な某参議院議員も60万票も 集めたので、これを真実だと 信じる一定数の方々は いらっしゃるのでしょうが・・・。

(某参議院議員は「1ミリシーベルトの被曝もダメです」と リンク先のインタビュー(動画)で はっきり答えてます。一般の人は 1ミリシーベルト/年までは、基準値内ですし、レントゲン技師などの職業に されてる方は20ミリシーベルト/年までは OKです。

東京-ニューヨークを 飛行機で往復すると、0.1~0.3ミリシーベルト被曝します。パイロットや乗務員 頻繁に往復する商社マンなどは、簡単に5~10ミリシーベルト/年くらいは 被曝していると 思うのですが。

基準値を満たした食品も 放射性廃棄物同然だとか。本当に非科学的!)

長年 放射線の研究をされてる方とか、放射線障害に詳しい医師の方が おっしゃるのならまだしも、ど素人同然の方々が おっしゃられる事を鵜呑みにする 漫画作者も作者だと思います。美味んぼの漫画は 好きでしたが、今回の件は 絶対にいただけません。

政府が隠していると 言う人もいますが、日本は北朝鮮や中国 ロシアと違って 少しでもそんな事があれば、ジャーナリストがだまってません。関係者で内部告発する人も 必ず現れます。

感想や ご意見 質問等ございましたら、上の「コメントをどうぞ」のリンクをクリックしていただけますと 書き込めます。お気軽にお書き込みくださいませ、お待ちしております。

これはすごい非科学的な話 美味んぼの漫画」への8件のフィードバック

  1. 三浦 宗之

    放射性のチリ等を 吸い込んで、体内被曝(体外被曝より影響が大きい)すると 鼻血を出すことは ありえない事では ないらしいです。
    https://www.facebook.com/tetsunari.iida/posts/10203994195594471?notif_t=like

    ただ 数十万人規模で、放射線の影響を受けて 数十人が鼻血が出たとしても、それは 通常の鼻血が出る確率と それほど変わらないのでは? と私は思います。(チェルノブイリでも 放射線の影響で 鼻血が出たのは「5人に1人」と 言われてます。cf.上記記事)

    数万人規模 少なくとも千に近い何百人規模の人達が、鼻血が出ると言う事にならなければ おかしいです。それも 放射線の影響を受け易い 福島第二原発に近い人々程 発生確率が高くないと。

    5~10人程度の人達が 鼻血を出したから、放射線の影響ではないか調べろとは 調べる経費(私達の税金)と時間の無駄だと 思います。「美味んぼ」発行元の小学館の 両論併記の姿勢は 科学的でないと思います。

    返信
  2. 建築のプロフェッショナル

    三浦様こんにちは。自転車の記事、とても楽しく拝見させていただきました。この記事に関しては、気になることがあり、〝感想や ご意見 質問等お気軽にお書き込みくださいませ、お待ちしております。〟とありましたので、書き込ませていただきます。

    …私も鼻血を出した一人です。3.15日に東京で放射能プルームの直撃を受けました。地震で電車が止まるので、自転車通勤してました。この時出た鼻からポタポタ垂れる鼻血は、生まれて初めてでした。その後、1年程鼻をかむと血で汚れる状態が続きました。ぬらしたマスクを二重にしていてこの結果です。また、三浦様の引用されている識者、政治家、素人の方々殆どセシウム限定の議論をされますが、数十倍の線量で最も影響を与えていた放射線核種はヨウ素131のはずですが、三浦様はご存知なのでしょうか。

    >>放射線が当たっても 出血なんてしませんて・・・。
    そもそも鼻粘膜は乾燥やアレルギーや冷気、鼻炎程度で傷つきやすいというのは常識だと思うのですが。
    近接したミクロン単位のところでα線が飛んできた場合、毛細血管で持続的に内皮細胞の細胞質腫大が起こります。血管が閉ざされ、局所の血液循環は悪くなりますと、血液はいつもより高い圧力をもってその部分に流れてきます。細胞一つでできている薄皮の毛細血管などひとたまりもなく、壁(内皮細胞)の一部が決壊します。すると、赤血球は血管外に漏れ出ます。初期には内出血ですが、すぐにバリアである鼻粘膜を破綻させ、鼻血(鼻出血)としての症状が出ることは科学的に明白です。

    >>鼻血を出した人の割合が 低すぎます…非科学的な話の 漫画や本は売りたくないです。
    生地屋さんは、医師免許はお持ちですか?でしたらデータから割合を判断する能力はお持ちでないと自覚されるべきです。また実際に、確定的影響は起こりえない、という論を反復するだけで、事実関係には踏み込もうともしない姿勢は、科学から最も遠い非科学的な立場です。科学とは、〝事実〟と〝意見〟が明確に区別した考えなのですから。ですからこの書き方だと、〝鼻血を出すことを気にする人が嫌い〟と科学的に読めてしまいます。三浦様の座右の銘、〝起きていることは全て正しい〟を思い出して下さい。

    >>現実に大きな迷惑がかかる人も沢山いるでしょうし、多くの人々を不安に陥れてしまいます。
    現実に迷惑をかけたのは、誰ですか?迷惑なのは何についてですか?東京電力とその原発からばらまかれた放射性物質ではないのですか?また、〝不安〟というのはその対象を良く知らない、見ようとしない場合に起こる状態をいいます。多くの人々は、勉強不足・理解不足であるのでしょう。対象を見定めて理解した場合に起こる感情は〝恐怖〟です。精力的に長距離を走られる三浦様程の方であればお分かり頂けることと思います。

    >>東京-ニューヨークを 飛行機で往復すると、…思うのですが。
    パイロットの宇宙船被爆は、外部被爆。吸引による被爆は、内部被爆です。内部被爆と外部被爆安易に比較することは単純に比較はできません(例:外部被爆の600倍=内部被爆、後述)。〝科学〟的には、ベクレルからシーベルトを算出する際に用いる係数が、対象臓器と被爆経路によって全て異なるのが実際です。各臓器の利用している元素も全体の構造も全て違いますので。三浦様ほどの方であっても、色々と混同されているようですが、理解してしまえば簡単なことですから、もう少し科学的に整理されてからお書きになることをお勧めします。

    >>基準値を満たした食品も 放射性廃棄物同然だとか。本当に非科学的!
    作品内容をよくお読みください。原発の施設内では、100bq/kgは廃棄物として厳重管理であり、施設外であれば、体内に取り込む食品が2倍の200bq/kgを基準値としており、この矛盾について雁谷哲氏は描かれています。雁谷氏の取材事実を否定する三浦様の非科学とのレッテル張りこそ、科学を軽んじ、貶める行為にあたります。

    >>ど素人同然の方々が おっしゃられる事を鵜呑みにする 漫画作者も作者だ
    万人に〝事実〟を語り、〝表現〟する権利が憲法で保障されていることはご理解されておられないのでしょうか。三浦様が無意識にお使いのこの言い回しは、為政者が法を犯している時の良くある詭弁でもあります。誠実な三浦様にはふさわしくは無いと感じました。また、他者に都合の良い〝意見〟は、別の他者に都合が悪い〝意見〟であるのは当然です。これをおっしゃられてしまうと、三浦様がブログを開かれている行為自体、これまでの三浦様の意見全てご自身で否定してしまうことにお気づき下さい。

    >>政府が隠していると 言う人もいますが、…ジャーナリストがだまってません…内部告発する人も…。
    内部告発した人が現れれば、ご納得されるのでしょうか。でしたら、NHKの堀淳氏を初めとして多くの方々がすでに内部告発されています。三浦様程の方ですから、本当はご存知かとは思いますが、我々同様、ジャーナリストも客を伺う仕事になってしまっています。テレビ局や新聞の経営委員や顧問にどれだけの東電社員が天下りしているか、少しお調べ頂ければわかります。NH○とて例外ではございません。大人であれば、世界的に見ても相当恐ろしい状態であることから、目を背けてはいけないと感じます。47都道府県の地方新聞をまとめ読み出来る47newsというサイトがあるので、お勧めしておきます。ここの右下に東日本大震災関連のまとめがあるので、ここに毎日目を通されれば良いかと思います。

    失礼ながら、三浦様は、〝自分が楽しいと感じることだけで埋め尽くした人生〟〝死んだ後のことなんかどうでもいい〟とお考えなのでしょうか。鼻血は、〝楽しいはずの人生の迷惑なうるさいノイズ〟なのでしょうか。雁谷氏の作品も、鼻血の話も、現代の科学で判断しても、十分にありうる事実に基づいています。日本を越えて世界中に迷惑をかけた事件を真面目に検証する行為を〝迷惑〟して捕らえたやり方、どのように良いものとして子孫に伝えるのですか?今回のブログからは、いつもの三浦様から頂ける良いもの、ポジティブなエネルギーや健康や文化を大切にされる立派な姿勢が感じられなく、残念でした。

    三浦様はお子様が同じ目に合われても、その態度でいられる方ではないと思いますので。

    返信
    1. 三浦 宗之 投稿作成者

      建築のプロフェッショナル さま

      書き込み どうもありがとうございます。ですが 勘違いされてる部分も あると思いますし、長文ですので 分割してお返事する事を お許しください。

      1)「数十倍の線量で最も影響を与えていた放射線核種はヨウ素131のはずですが、三浦様はご存知なのでしょうか。」

      ヨウ素131の放射線の 半減期が8.1日です。もう事故から かなり経ってますので、事故直後はともかく 今はほとんど 影響はありません。セシウム137は 半減期が約30年、セシウム134は 約2.1年と長いので なかなか減りません。だから 皆さん問題にしてます。

      (ヨウ素131、セシウム134、137は、放射能汚染の原因となる主要三核種だそうです)

      2)「毛細血管で持続的に内皮細胞の細胞質腫大が起こります。血管が閉ざされ、局所の血液循環は悪くなりますと、血液はいつもより高い圧力をもってその部分に流れてきます。細胞一つでできている薄皮の毛細血管などひとたまりもなく、壁(内皮細胞)の一部が決壊します。」

      放射線はナノ(10のマイナス9乗)・メートル・オーダー、粘膜や血管の壁は マイクロ(10のマイナス6乗 ミクロンと同じ)・メートル・オーダーの大きさです(放射線は 量子ですので明確な大きさはありませんが)。放射線が (核爆弾の出す放射線ように)よほど集中して当たれば 話は別ですが、今回のような弱い(量子数の少ない)放射線では 粘膜や血管に「細胞質腫大」を起こす事は ほとんど不可能です。細胞は小さな傷なら 自己修復してしまいますし。

      通常は 遺伝子の分子鎖(ナノ・メートル・オーダーの大きさ)を切ったりして 止血に働く赤血球等が正常に作れなくなり(6/29訂正 「白血病のように異常な血液細胞が増殖して 止血に働く正常な血液細胞が作られなくなり」)、その結果出血するのだと 思います。

      他の事も おいおい お返事して行きたいと思います。

      返信
    2. 三浦 宗之

      3)「確定的影響は起こりえない、という論を反復するだけで、事実関係には踏み込もうともしない姿勢は、科学から最も遠い非科学的な立場です。」

      例えば ある食堂で100人が 食事をしたとします。そのうちの一人か二人が 下痢の症状を起こしました。これは 事実ですが、食堂の食事が原因とは 言いがたいと思いませんか?(ほとんど 他の要因ですよね)

      チェルノブイリでは住民の5人に一人が 鼻血を出したそうです。私個人的には せめて1割くらいの人が 鼻血を出したのなら、放射線の影響か 私達の税金(又は電気料金)を使って調べる価値があると 思いますが。

      数百万人(又は少なくとも数十万)の方が 放射線の影響を受けていて、そのなかの数十人の方が 鼻血を出したとしても、放射線の影響ではないと 結論付けるのが、科学的なのでは ないでしょうか? たぶん通常の生活をしていて 鼻血を出す人の割合と 大差ない(心的影響を受けて、出す人の割合が多少多いかも知れませんが)と思います。

      返信
    3. 三浦 宗之

      4)「現実に迷惑をかけたのは、誰ですか?迷惑なのは何についてですか?」

      大元は 東京電力かも知れません(ただ あの時点で、学者(地震や原子力関係等)さん方で あの危険性を予想する事ができた人は あまりいないのでは?(ほんの数人の方が 予想しても、通常防護策はとられません) 人間は万能ではありません。事故が起こってから 対策がとられるのが、悲しいですが現実だと思います)。

      ですが、3)の例の、下痢を起こされた1-2人の方が 「あの食堂で 食中毒になり 下痢をした、皆さんも あの食堂へ行かない方が いいですよ!」と 言いふらして、福島や関係する地域の方々に 迷惑をかけているようなものだと 私は思います。

      無用の恐怖心も あおってますし。

      返信
    4. 三浦 宗之

      5)「〝科学〟的には、ベクレルからシーベルトを算出する際に用いる係数が、対象臓器と被爆経路によって全て異なるのが実際です。」

      私もその当時調べました、とてもよく研究された(考えられた)換算方法です。
      http://kijiya.org/?p=1963

      内部被曝の1mSv = 外部被曝の1mSv

      で同じ数値なら同じ影響です。内部被曝の1mSvの方が、被害が甚大だとおっしゃてるのでは ないですよね? (1,000Bq/kgの放射線を出すものがあれば、外部にあるよりも 内部(体内)にあった方が 被害は当然大きくなります。600倍と言うのも うなづけます)

      事故後の飲食物の基準値は 年間5mSv以下の被曝量になるように 計算されてました。5mSvと言うと 多いと思うかも知れませんが、世界には何十年何百年にわたって もっと多く被曝している地域が あります。そこでの健康被害は 報告されてません(それらの地域は 当然よく研究されてます)。

      http://kijiya.org/?p=2054

      大変残念な事ですが、あの大惨事では 多くの方が軽度の内部被曝をされたと思います。ですが それによって、被害を受けなかった方々の 何十倍~何千倍の確率で、健康被害が発生しているとの 報告はされてないと思いますが。

      通常の生活をしていても 放射性物質を吸引して(又は食べて)、内部被曝してます。私は食べ物や飲料で 国の基準値以内のものだったら、食べますし飲みます。調べましたが 非常によく考えられた基準値です(上記の換算方法のリンク参照。規制値は影響が出ないと思われる最大危険数値を、危険度によって さらに数分の一~数百分の一(安全係数)にして厳しく 作るのが普通です)。

      今はその当時よりも もっと厳しくされてます。(個人的には 過剰でないかとさえ感じます。おそらく 世界で一番厳しい基準でしょう。通常の生活をして 基準値以内の飲食物を食べていれば、年間1mSv以下の内部被曝量になるように 計算されてます)
      http://www.mhlw.go.jp/shinsai_jouhou/dl/leaflet_120329.pdf

      6)「原発の施設内では、100bq/kgは廃棄物として厳重管理であり、施設外であれば、体内に取り込む食品が2倍の200bq/kgを基準値としており、この矛盾について雁谷哲氏は描かれています。」

      100Bq/kgは廃棄物は 通常の産業廃棄物として処理しても良いレベルです(放射性廃棄物として 管理しなくても良い、再利用も可)。お間違えでは ないでしょうか?

      http://www.env.go.jp/jishin/attach/waste_100-8000.pdf

      ”100Bq/kgは廃棄物は 厳重管理する、200Bq/kgの食品は 食べても良い”(食べて内部被曝すると、影響は外部被曝の6百倍程度 又はそれ以上になる) こんな小学生でもわかる矛盾した基準値を 作るはずがありません。 

      返信
    5. 三浦 宗之 投稿作成者

      7)「万人に〝事実〟を語り、〝表現〟する権利が憲法で保障されていることはご理解されておられないのでしょうか。」

      理解してますよ。でも 上の3)例のように 100人同じ食堂で食事して 1-2人下痢をされたのを、「あの食堂で 食事して下痢をした」と 言いふらすのが、”権利”なんでしょうか? ”表現の自由”なんでしょうか?

      8)「本当はご存知かとは思いますが、我々同様、ジャーナリストも客を伺う仕事になってしまっています。」

      そうですよ、あの当時からちょっと前まで「反原発」と言うか書けば テレビは見られたし、新聞は売れたそうです。(流石に最近は 反原発一辺倒でもなくなってきているようですが。第二次世界大戦前の 新聞もそうでした。戦争をせよと あおれば新聞は売れたそうです。それが大勢の世論と勘違いされて、あの無謀な戦争に突進する大きな要因の1つになりました)

      でも 私は現在の日本のマスコミは 世界で最高レベルの 真実を報道するグループだと思ってます。他の国では 真実が報道されず、隠されている(又は ねじまれられている)例が あると思います。そのマスコミが 「鼻血は放射線の影響説」を 只の1社でさえも 取りあげません。3)の食堂の例を出すまでもなく、事実関係が 放射線の影響と言えないからです。

      「47news 日本大震災」で 検索してみましたが、下記のようなまとめしか 見つかりませんでした。他にあったら ぜひ教えてください。
      http://www.47news.jp/47topics/e/219907.php

      一人二人の話や 人口3万人の市で20人、(放射線の影響によって)鼻血等の健康被害が出た等のニュースのような事を おっしゃてるのでしたら、全然読むに値しない記事だと思います。300人の村で20人も出たら、値しますが。

      9)「雁谷氏の作品も、鼻血の話も、現代の科学で判断しても、十分にありうる事実に基づいています。」

      7)と 同じ反論です、発生確率が低すぎます。子供や自分が鼻血を出しても(又は なんらかの健康被害が出ても)、心配はしますが事実関係から ”放射線の影響でない”と 断言できます!(このお答えで 良かったでしょうか? 違う意味の問いかけだったかも 知れませんね)

      返信
  3. 生地屋のおやじ

    やっぱり 訂正がでましたね。

    「主人公が医者と話す場面では「(鼻血は)原発内での外部被ばくが原因ではありませんね」と因果関係を否定する表現に変更。実在の有識者が「福島がもう取り返しのつかないまでに汚染された」と話していた場面も、「震災前の政府の基準に従えば、住んではいけない所に多くの人が住んでいる」に変わった。」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141210-00000065-jij-soci

    「多様な意見があり・・・」 と発売当初は あんなに訂正をこばんでいた小学館でしたが。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です