やっとコモディテイファンド(投資信託の1種) 処分できました

こんにちは! 生地通販の生地屋店長です。

何ヶ月も前から 処分したいと思っていた某コモディテイファンド、最近の円安の影響か 少し値上がりしたので 本日処分しました。(最終的な処分値は 明日にならないと わかりません)

処分したかった理由は 下記です。(前にも紹介しましたが)
コモディテイファンドをお勧めできない4つの理由
インデックス投資派の僕がコモディティインデックスに投資しない理由

リーマンショック前から積立を始めた アクティブ・ファンド(投資信託)で、買ってはいけない投資信託でした。(その時は 納得して買いましたが。5年以上積立を続けて やっとわかりました)
運用報酬:1.874% 販売手数料:3.15% 為替ヘッジなし

リーマンショックで大穴が開いた後も 無理してずっと積立を続けていたにもかかわらず(安値で買えてた筈です)、ほんの少ししか利益が出ませんでした(販売手数料の3.15%は考慮せず。コモディテイファンドで 高い利益率を上げた人は あまりいないようです)。

同じくリーマンショック前から積立を始めた 日本以外のバリュー株に投資すると言う(アクティブ・ファンド) やはり買ってはいけない投資信託で 同時に処分しました。
運用報酬:1.89% 販売手数料:3.15% 為替ヘッジなし

こちらは(リーマンショックで大穴が開いた後も 積立を続けていたので)、かなり利益がでました(販売手数料の3.15%は考慮せず)。積立を続けて来た成功例です。(処分するつもりだったので、ここ4ヶ月ほどは 積み立てを止めてました)

(両方とも 運用報酬は2%近いですが、それ以外にも運用会社にもろもろ経費(株式売買手数料等)がかかっている筈で 合計で2%前後の運用費用になっていたと思います。2%で5年(リーマンショックは2008年9月)複利で回すと 10%以上(1.02の5乗)の利益になります。運用費用が低ければ それを差し引いた残りも購入者の利益に なった筈です)

これらで 勝間和代さんのお奨めにしたがって、販売手数料がかからない(ノーロード) もっと運用報酬の低い(0.2~0.8%程度) 投資信託に乗り換えるか ETF(上場投資信託)を買います。

感想や ご意見 質問等ございましたら、上の「コメントをどうぞ」のリンクをクリックしていただけますと 書き込めます。お気軽にお書き込みくださいませ、お待ちしております。

やっとコモディテイファンド(投資信託の1種) 処分できました」への1件のフィードバック

  1. 三浦 宗之

    シリア情勢が 緊迫化して、昨日 株価が大きく下がった影響で、売却した投資信託の 売却価格も 本日(29日)下がったようです。本当に運が良かったです、1日違いで 下がった価格で売却しなくても 済みました。

    (単に運が良かっただけだと 思います。シリア情勢が落ち着けば また上がるかも知れませんし。ただ 高い運用コストで いつまでも運用したくなかったので、売却できて良かったです)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です