高金利通貨は長期的には弱くなり 実質金利はあまり変わらなくなります

南アフリカの金利は6%だとか ブラジルのレアルの金利が高いとか。確かに数字だけ見ると とても魅力的です。(定期なんて コンマ数%ですから)

ですが、そんな国は インフレ率も高いことが多く、長期的には 円に対して値下がりして 実質金利は それほど変わらなくなります。短期ねらいなら いいですが、5-10年と長期保有するものではないと 思います。

(関係者の間でも 論争があるようですが、「それほど 変わらなくなる」と言う説が 優勢ですし、そう考えるのが自然です。そうでないと そのような国の外貨預金や債券に どんどんお金が集まってきます)

それに加えて 外貨預金には下記のような デメリットもあります。

  1. 期待リターンが数%なのに 為替リスクが10-20%と大きすぎる
    (同じ理由で 海外債券の投資信託やETFも 買いません。将来金利が上がってくれば 話は変わりますが)
    .
  2. 両替手数料が 一番安いドルでも、1ドルで往復50銭-2円もかかってしまう
    (約0.5%から2%は 確実にいかれるます。マイナーな通貨では もっとかかります。1ドル1銭程度で両替する裏技もありますが)

私なら ミドルリスク・ミドルリターンの 日本で買える海外の株式インデックス型ETF(上場投資信託)を買います。外貨で持つのと 同じ意味ですし、広く危険分散されてます。
新興国一国の 投資信託やETFは リスクが高いので 私はお奨めできません

高金利通貨は長期的には弱くなり 実質金利はあまり変わらなくなります」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: アセットアロケーション(資産配分)で 長期投資の成否は決まります! | 生地屋のおやじの独り言

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です