広島へ自転車で行ってきました~♪ 2

こんにちは! 生地通販の生地屋店長です。

その1の続きです。琵琶湖の西岸を通り 高島の辺りから、山中に入ります。昔 福井県若狭から 京都に鯖を運んだことから 「鯖街道」と言われる道を通ります。

湖岸の道は ほぼ平坦で走り易いのですが、鯖街道は 基本登りで、登ったり下りたりもあり、ちょっと疲れます。この道は 去年のブルベ300kmで 走ったなつかしい道でした。なんとか こなして、京都大原に入りました。(昔の歌「京都~ 大原三千院、恋に疲れた女が 一人~」の三千院前を通りました。やはり京都です、観光客で溢れてました)

京都 北山通り

京都 北山通り

京都市内を 北から横断して 南区に抜けるのですが、信号や交通量が多くて 大変でした。
(後から思うと、鴨川でもどこでも 河川敷に下りて その道を下って行けば良かったのです。どの川も 最終的に淀川に流れ込んでます。河川敷の道なら 安全だし、信号で停まることもないです。琵琶湖の南端から 瀬田川の河川敷を下るルート(なぜか 途中から宇治川になる)も、下りでいいそうです。逆は大変らしいですが)

桂川の河川敷に降りて どんどん下っていくと、合流点で ちょっと複雑な道でしたが(一度 上の道に上がる?) なんとか淀川サイクリング・ロードに入れました。
(西から 桂川 鴨川 宇治川 木津川、4本ほぼ同じところで 合流して淀川になるのですね、知りませんでした)

道幅の広い 淀川サイクリング・ロード

道幅の広い 淀川サイクリング・ロード

車が楽にすれ違えるような 巾の広い道で、気持ちよく走れるのですが、所々に 自転車止めがあります。かなり数が多く 20mくらいの間に3箇所あるところも・・・。

淀川サイクリング・ロードの自転車止め

淀川サイクリング・ロードの自転車止め

サイクリング仲間のKK氏から 「死ぬほどある!」って 聞いていたのですが、体験するまでは 正直「なんて 大げさな!」と 思ってました。でも 本当でした! 平均速度が かなり落ちてしまいました。

乗車したまま 通ろうとすると、ペダルが当たります。私は 正直に全部降りて 通りましたが、地元の方は 器用に乗車したまま 通ります。たまに 失敗して、ガチャーンとペダルが当たってましたが(笑)。淀川南岸は このタイプだけでしたが、帰りに通った北岸には プロト・タイプと思われるものと、強化型もありました(合計3種類 笑)。

自転車止め プロト・タイプ?

自転車止め プロト・タイプ?

自転車止め 強化タイプ

自転車止め 強化タイプ

大変失礼な言い方ながら、余程近畿のサイクリストのマナーが悪いのか、住民の苦情が多いのか? 両方なのかも 知れませんが、数も多いですし 改良されながら設置数が増やされているのでしょうか?

その3へ続きます。

感想や ご意見 質問等ございましたら、上の「コメントをどうぞ」のリンクをクリックしていただけますと 書き込めます。お気軽にお書き込みくださいませ、お待ちしております。

広島へ自転車で行ってきました~♪ 2」への2件のフィードバック

  1. 野兎

    変とは、思いませぬ。

    もっと、続きを読みたいなぁ。

    では、デハ。  de   野兎

    返信
    1. kijiya 投稿作成者

      野兎さま ご理解どうもありがとうございます。

      でも 世間の大多数の人は 変人だと思うようです(笑)! 続きは この後のブログにあります。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です