AWS+Eclipse(PHP)で開発環境を作る

こんにちは! 生地通販の生地屋店長です。

AWSでいろいろ勉強しているのですが、なかなか進展しません。AWS関係の本が少なく あってもちょっと古くなると もう現在のバージョンと少し違っていたりもっと簡便な方法(グラフィックで直感的にわかりやすいシステム AWS Elastic Beanstalk等)があったりします。インターネットで検索して 調べるしかなさそうです。

AWS+Eclipse(PHP)で開発環境を作ると よさそうなので、作ってみました。簡単に作れそうだったのですが、ちょっとつまずいたので 結構時間がかかりました。後から作られる方が つまずかないように これを書いています。(Winows7でやっています)

  1. 下記からEclipseの最新版をダウン・ロード。(これを書いている時点で ”Juno4.2″ まだバグがあるようですが)
    http://mergedoc.sourceforge.jp/
    (PHPのFull Editionをダウンロードして WinRARなど長いパス名でエラーが出る解凍ツールの使用を推奨。Xdebuggerは自動的に設定されるようです)
    .
  2.  解凍したファイルを全部 C:PDTとか C:pleiadesなのどフォルダーを作って移動。
    (アン・インストール時には このフォルダごと削除すれば良い)
    .
  3. xamppフォルダ内の ”setup-xampp.bat”を実行して 環境を整える(?)。
    (xampp_controll.exeが xamppの実行ファイル)
    .
  4. Eclipseの「ヘルプ→更新の確認」で 念のためにプラグイン等最新にする。
    .
  5. このまま”AWS Toolkit for Eclipse”をインストールすると エラーが出て、インストールが完了できない。下記ページを参考にして  データベース開発用のプラットフォームをインストールする。(「保留」のメッセージが出たら 表示されるまで待つ。結構時間がかかる場合がある)
    http://www.kkaneko.com/rinkou/javaintro/dtpinstall.html
    .
    (この原因がわかるのに 時間がかかりました。Eclipseのバージョンが合わないせいかと思って、古い3.7や3.6のバージョンを ダウンロードして、インストールしてみたりと。検索したら 下記が出てきてわかりました。
    https://forums.aws.amazon.com/thread.jspa?threadID=75222 )
    .
  6. 上と同様の方法で 3.の「作業対象」に下記URLを指定して ”AWS Toolkit for Eclipse”をインストールする。
    http://aws.amazon.com/eclipse/

再起動を促された後 Eclipse画面のメニューバーに、オレンジ色のAWSの立方体(ロゴ?)が出ていればインストールは完了です。

これで 簡単に”AWS Elastic Beanstalk“(自動的に 伸縮可能なサーバー)にデブロイ(アップロード)できるようになるらしいのですが。まだまだ 先は長そうです。

感想や ご意見 質問等ございましたら、下の「Leave a reply」or「Reply」(空色のリンク)をクリックするか、黒字の「コメントを残す」の下の四角の空欄に書き込めます。お気軽にお書き込みくださいませ、お待ちしております。

AWS+Eclipse(PHP)で開発環境を作る」への2件のフィードバック

  1. 生地屋のおやじ

    この方法では PHPの開発は簡単にできなさそうでした。(eclipseにもう一つプラグインを載せないとダメそうです)
    また 小規模なサイトでは、AWS Elastic Beanstalkは 過剰なしくみのようです。
    今は EC2のサイトで やっています。

    返信
  2. ピンバック: エラーとるのに 丸一日かかりました~(涙) | 生地屋のおやじの独り言

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です