日本は未だに世界の経済成長から取り残されている

こんにちは! 生地通販の生地屋店長です。

資産分散(アセット・クラス分散)で 1ドル当たり1銭で ドルに両替して(SBI証券FXαのみ 1万ドル単位)、米国ETF(上場投資信託)を買い始めて 半年余り。

あくまでも 現在(2014年8月5日)の円安と、世界株式(ティッカーコード VT) 米国株式(同 VTI) 新興国株式(同 VWO)の右肩上がりの 値上がりの恩恵ですが、約20%くらいの 含み益になってます。

(円に両替する時は 住信SBIネット銀行で、1ドル当たり5銭程度の 手数料がかかります。たぶん この組合せが 一番往復の為替手数料が かからないパターンだと思います。銀行等の外貨預金だと、往復各1円ずつで計2円も取られます)

それに比べて 日本株のETF(MAXIS日経255(銘柄コード 1346), (MAXISトピックス(同1348))は、2~4%程度と さえない含み益です。日本が世界の経済成長に 取り残されている感じです。

(株価が出遅れていると言うので、海外の投資家から かなりの資金が、東京株式市場に継続的に入ってます。これが 株価値上がりの一因になってます)

1990年代から 失われた20年と言いますが、まだ その余波が続いているようです。勿論 民主党政権時代から 比べれば、かなり回復しかかってますが。

また 円高に触れるかも知れませんし(米国ETF等の ドル建て資産は目減りする)、今は新興国に向かっている資金が また逃げ出すかも知れません(当然新興国のは、下落します)。リーマンショック・クラスの大暴落が来ても いいように、変動10の国債も 買ってます。言わずもがなですが、投資は 自己責任でお願いいたします。

FXや コモディテイ 金等は、インカム・ゲイン(株なら配当 債券なら利息 RIETなら地代等)が ないので、やるつもりはないです。過去に コモディティの投資信託は保有した事がありますが、あまり上がらず 値動きも少なく 塩漬けで長期保有を強いられました。結局 ほんの少し利益が出た時に 解約しました。(利息分だけ 大損してますが。運用報酬+諸経費は2%くらいでした、胴元はもうかったでしょうね)

感想や ご意見 質問等ございましたら、上の「コメントをどうぞ」のリンクをクリックしていただけますと 書き込めます。お気軽にお書き込みくださいませ、お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です