湿潤療法で自転車の怪我 かなり良くなってきました~!

こんにちは! 生地通販の生地屋店長です。

先日 自転車で転んでひどい擦過傷になった事(日記の最後に書いてます)は書きました。湿潤療法を10日間ほどつづけたら、下記の写真のように かなり良くなってきました。これなら 跡もあまり残らず 綺麗に治りそうです。

かなり良くなった擦過傷

かなり良くなった擦過傷

傷を負ったときの写真は 下記です。

自転車でひどく転んだ怪我

自転車でひどく転んだ怪我

今回は 傷口が大きかったので、湿潤療法専用の絆創膏でなく、サランラップと絆創膏で 治しました。

  1. 傷口を水で綺麗に洗う(砂などの異物が入っていると 化膿するので丁寧に綺麗に)。
    (出血が止まらない場合は 病院へ。はれてきて破傷風等の危険がありそうだったら、やはり病院へ)
  2. 正常な皮膚が乾いたら 傷口よりも少し大きめに サランラップを貼る。
    .
  3. サランラップがずれないように 縦横に大きく絆創膏を貼る。
  4. リンパ液が漏れないように サランラップの周囲にも 絆創膏を貼る。
    .
  5. 1日1回程度 はがして、傷口を石鹸で洗い、サランラップを交換する。
    (じゅくじゅくしていると思いますが、これでいいのです。にごった黄色や緑色の膿が出た場合は 病院へ。リンパ液は透明で 化膿した特有のにおいもしません。化膿すると はれてくるのでわかると思います)
  6. リンパ液が止まれば OKで、もうサランラップはしません。

消毒すると ばい菌ばかりでなく、正常な皮膚細胞までダメージを与えるので ダメだそうです。宜しかったら お試しあれ!

ご感想や ご意見 質問等ございましたら、下の「Leave a reply」or「Reply」(空色のリンク)をクリックするか、黒字の「コメントを残す」の下の四角の空欄に書き込めます。お気軽にお書き込みくださいませ、お待ちしております。

湿潤療法で自転車の怪我 かなり良くなってきました~!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ヒートテックの詳しい原理(吸着発熱) 生地屋 | 生地屋のおやじの独り言

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です