プロバイダー代等節約の為に自宅から会社のネット回線を使えるようにしました2

その1からの続きです。

屋外有線LANは 空中架線が一番簡単ですが、雷で機器が被害を受ける可能性があります。稀にトラックや車が通る場所ですので、かなり高い所を通す必要もあります。また地表に這わせるのも、人が引っかかってつまずいたり 車が通った時に断線する危険性があります。なので 地中埋設を選択しました。

屋外LANケーブルを 塩ビ管に通してから、地中に埋没する算段です。長さを測ったら約20mでした。余裕を見て30mの屋外LANケーブルを発注し、事務所建物の外に出すために 扁平な窓用LANケーブルを使うことにしました。この扁平ケーブルの屋外側は 防水仕様のコネクタ(テープを巻くだけですが)で接続します。

また 細い所を2箇所程 LANケーブルで通すので、ケーブルのコネクタをかしめる工具も注文しました。
(これ中国製ですが、接続検査機器もついて なんと2,019円なんです! 恐ろしい世の中になったものです。数回しか使わないなら これで十分だと思いました)

LANコネクタをかしめる工具セット

LANコネクタをかしめる工具セット

30mの屋外用LANケーブルが来た時点で 一度接続テストをしてみました。ケーブルを事務所から自宅まで 引っ張って、ノートパソコンを接続してみました。当然ですが、きちんとインターネットに接続できます。

塩ビ管を買いに行ったら、4mの長さのが4本しか在庫がなく 足りません。二重の耐圧ホースなら30mのが安く売ってます。継ぎ手を含めた塩ビ管一式の8掛けくらいの総額で 買えます。これで 埋設する事にしました。

それらの機材が揃った所で、先が三角のシャベルで 地面を掘り始めました。深さ5cm程度と思いましたが 車の通る場所が大半で、踏み固められていて とても固いのです。全然作業が進みません。つるはしを買ってくる事にしました。

4千円弱しましたが、効果絶大でした。かなり能率良くなりましたが、それでも半日ずつ二日 のべ丸一日かかりました。もう歳で このような労働にも慣れてなくて、情けない事に 半日しか体力が持ちませんでした(笑)。腰も少し痛くなりました。

掘り終わったので、耐圧ホースに屋外用LANケーブルを 通そうとしたのですが、LANコネクタの頭が ホースの内径に対して、あまり余裕がなく 1mくらいしか入りません。コネクタを切って 線だけで通しました。ホースは可能な限り真直ぐしたのですが、ケーブルが中で湾曲して抵抗になり 3-4mくらいしか入りません。

塩ビ管にすれば良かったと大いに後悔して、途方に暮れました。針金を先に通して引っ張る方法だと 針金を通す時に中を傷つける可能性もありますし、20mもの長さを うまく通す自信もありません。20m以上の長さの 太めの針金を買ってくる必要もあります。(他の方から 太いテグスを使ってはと 後からアドバイスをもらいました)

屋外用LANケーブルなので 外側は硬質プラスチックのようで、被覆は2重になってます。外も暗くなりかけ、寒くなってきました。直接埋没する事にしました。その3へ 続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.