BRM513 めろん400km AR中部 25時間47分で完走・認定されました1

峠を越える道に出発

80人くらいエントリーしたらしいですが、一日中雨の予報で 出走したのは 20人くらいだったらしいです(笑)。駐車場に着くと 車が5-7台くらいしか 止まってません。マジで 時間を間違えたのかと思いました。

受付でM嬢(たぶんエントリーしていたのに、雨で止めたのでは?)と一緒の男性の方から、補給食料をもらいました。(これが 最後のアップダウンの連続に 大いに役に立ちました)

例のごとく 準備に手間取って、定刻より5分遅くスタート。スタートから雨は 初めての経験でした。まさか8時間も降り続くとは 思いもしませんでした。前半の1/4くらいは 斜度10%以上の激坂が続きます。雨でブレーキの効きが悪く 路面も濡れて滑りやすいので、下りでもスピードが あまり出せません。

PC1(チェックポイントNo.1)は約30km地点、ここで約50分の貯金ができました。前半1/4の坂を過ぎれば ずっと平坦区間で 貯金できそうですし、雨は降り続いてますが順調だなと思いました。

ところが 浜名湖から掛川までの平坦区間が、ちょっと強めの向かい風です。平均時速20-23km程度しか 出ません。信号等で止まりますし ここでほとんど貯金できませんでした。いつもはPC毎に だんだん貯金が増えて行くのに、今回は悪い予感がしました。雨は午後4時ごろには ほぼ止みました。

スタート準備の時に いつもはキューシート、透明な下敷きみたいなのに入れているのですが、ブリーフィングで取り出すので、今回は上に出してました。横殴りの雨で ちょっと濡れてしまいました。PC3(約175km地点)に着くころには、下から侵入した雨水でピッタリくっついて 無理にはがそうとすると 破れそうでした。

一緒に走っている人に くんま水車の里の距離を教えてくださいと頼みました(PCの距離は ブルベカードに書いてあります)。そうしたら 余分にキューシートを持っているとの事で、幸運にもいただけたのです。以降大変助かりました。お礼に 栄養ドリンクを買って進呈いたしました。

(耐水性の印刷用紙持っているのですが、今回は雨が降らない予報でした。2-3日前に 雨予報に変わり、雨用意に気を取られて、キューシートの再印刷まで気が回りませんでした。PCやSecretの位置は GPSにも入ってます)

くんま水車の里に着くころには すっかり暗くなってました。ここで 指定の写真を撮っていると 車から声をかけられます、H氏でした。ちょっと立ち話をして 「すみません、あまり時間ないので 愛想ないけど行きます。」と言って 別れました。

中設楽のファミリーマートには 寄らないつもりだったのですが、小腹が空いてきました。このまま坂を登り続けると ハンガーノックになりそうだったので、補給する事にしました。(山道でコンビニ等 補給できる場所が限られますし)

お店の前で H氏とさっきキューシートを頂けたブルベ走者の方が 懇談してます。私も声をかけて お店でラーメンを買い 横のイートンで休みながら 食べました。

イートンでラーメンを食べて補給

イートンでラーメンを食べて補給

ここから 大変な思いをするのですが、それは次回に!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です