難関と言われたAR中部 BRM910江南400kmブルベ なんとか完走しました~♪

獲得標高が6千mを越える 山岳ブルベです。AR中部随一の走力を誇る ○本氏設計のコースで、難易度の高さから 出走を見合わせる人も かなりいたとか、いなかったとか。

私は そんな事も知らずに 申し込んでしまいました(大汗)。オダックス近畿さんの福井藩以外では、AR中部さんが 距離的に一番近いので、募集が始まると ほぼ自動的に申し込んでしまいます。

2016年BRM910のコース

2016年BRM910のコース

後から 難コースだと言うのを知って 少し後悔しました(私は上りは かなり苦手です)。前回BRM611 600kmブルベを、時間外完走(DNF)ですし、2年前は 同じAR中部さんの 難関の山岳600kmブルベを 346km地点で、時間オーバーで失格(DNF)しています。

前回の反省を踏まえて 徹底的に軽量化をしました。下記写真上のバイクと装備です。400kmなんでダイナモも止めて、ライト2つ 電池もGPSとライト兼用の大容量エネループ2本のみの予備でした(早いゴールだったので、結局使用せず。黒パッケージ大容量エネループは お奨めです。白パッケージに比べて1.5倍くらい持ちます)。下の写真は 前回600kmブルベを 時間外完走したときのものです。

荷物の量が 大違いです。上の写真のバイクと装備で 食堂にも寄らなければ、あの600kmも もしかしたら時間内完走できたかもしれません。

軽量バイクと装備

軽量バイクと装備

前回の総重量20kgを越えたバイク

前回の総重量20kgを越えたバイク

車体自体が オールカーボンで軽い(前回はクロモリ)上に、装備も基本12Lのサドルバックに入るだけに しました(それも少なめで かなり余裕あり)。

ボトルも千mlを 両方満タンにしないで、片方だけ満タン スタートでした。その減り方を見ながら、もう片方も補給していきます。いつものように 両方同時に満タンにする事は ありませんでした。これで 千ml分程度 軽量化できたと 思います。

スタートが10分ほど遅れた上に(最後尾からのスタート。ブルベ・サポートの○本氏は私のスタートを見て スタート)、登り降りの連続と 9月にしては 暑すぎる気温で、PC2の平井の道の駅(約100km地点)までで かなり消耗し疲れ果て、正直「完走できないかも?」と 思いました。

途中で 冷たい水を補給できる所(泉?)があり、コンビニや自販機のない区間だったので 生き返りました。何杯も飲んで、ボトルも 片方だけ満タンにしました。

平井の道の駅で 大ポカをやり、他の人のロード・バイクを 間違って(疲労と暑さのせい?)、引いて行って 自販機で飲料を買って飲んでました。いざ乗ろうと思うと 自分のではない事に気が付きました。あわてて 戻ってみると、探しているらしい人がいます。

「すみませ~ん、バイクをまちがえました~!」と 大声で呼びかけて、平謝りに謝りました。「何が起こったのかと思いました。」と 呆然とした顔で 言われました。逆の立場なら 私でも当然そうだと 思います。何度も 謝って許してもらいました。

ラーメンが無性に食べたくなり(たぶん塩分不足)、平井からかなり行ったところのコンビニ(そこまで コンビニなし)で ラーメンを買って食べました。その美味しかった事 美味しかった事。食べながら 休憩した事もあり、元気が出てきました。いつもは飲まないスープまで ブルベ中は塩分補給の為に全部飲み干します。

(今回は時間節約の為に 食事は全部コンビニと決めてました)

PC3(ハンバーク弁当を食べました)まで 1時間程度の貯金しか できません。PC1(ここで1時間程度貯金)からPC3まで ほとんど増えてません。次のSecretまでの登りを 考えると、あまり余裕があるとは 言えませんでした。

途中 Qシートに記載のない、R19に入る直進側道のような分岐があり 迷いました(直進すればいいのか、センターライン沿いに本道を行けばいいのか)。迷っている4人で集まり 確認しあった結果、側道に行くのが正解だと N氏からアドバイスを もらいました。大変たすかりました、N氏どうもありがとうございました。

(ここから 暫く4人で走ったのですが、下り基調で 体重の重い私は いつのまにか、他の3人を抜いて引き離していました。久しぶりに 幻覚も見ました、電信柱が人に見えたり(笑)

Secretから 基本下りだと思っていたのですが、まだかなりきつい峠がありました。それを過ぎると 下り基調で快調に飛ばせます。最後のPC4(ここでコンビニ・カレーライス)で2時間半くらい、ゴールで3時間半近い貯金でした。

ゴールの江南が近づくと なぜか既視感があり、往路のコースを たどってはいないか(GPSの軌跡を頼りに走ってます。思考力が鈍っているので どこかで交差したのではないか? Qシートは 間隔がかなり長く、曲がり角の交差点名が出てくるまで、正しいコースなのかどうか 暫くわかりませんでした) 非常に不安になりました(既視感は たぶん過去のAR中部のブルベで走っているせい?)。往路でも結局ゴールの江南には (コースミスになりますが)たどりつけると思い 無理やり自分に納得させました。

平地で2-4人追い抜き 犬山城が見えてきました。ここから 近い筈なのですが 疲労困憊しているので、結構長く感じました。結局23時間38分と 私には出来過ぎくらいのタイムでした。こまめに補給し 常に満腹の状態を保っていて、最後まで集中力が途切れなかったのが 勝因だと思います。

ゴール後 AR中部の方や オダックス近畿のK氏 ブルベ仲間のH氏(仕事の都合で出走せず)等と 暫く歓談しました。半分くらい熊本地震の寄付になると言うオダ近の赤ワッペンを K氏が売っていたので購入しました(千円)。

眠気をあまり感じなかったので そのまま帰途につきました。途中吉野家で朝食を食べ、2-3回 10-15分程度仮眠しながら(暑くてあまり快適では ありませんでしたが)、無事に家にたどりつきました。前回の時間外完走600kmブルベの リベンジができました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です