肥満の第一~三法則 本人のせいではない!

こんにちは! 生地通販の生地屋店長です。

長年の小太りに悩まされていた 勝間和代氏が 最近スマートになられました。下記の本が 大変参考になったのだそうです。

ヒトはなぜ太るのか

ヒトはなぜ太るのか?

ヒトはなぜ太るのか?

結論から書きますと、過食や運動不足が 肥満の根本原因ではないと 述べてます。本人の意志の力が弱いからではないと。(本人のせいでは ない) だから 一時的にダイエットに成功しても 後でリバウンドしてしまうそうです。

以下 勝間和代氏のサポートメールからの 引用ですが、

「つまり、なぜ太るかというと

著者はこれを「肥満の第一法則」と名付けていますが、
「脂肪を制御する方法が何らかの理由で調節ができなくなりたまたま太った」
のです。その太った状態でもエネルギーを確保するために、過食と怠惰が引き起こされます。

次の肥満の第二法則は
わずかな調節不良によっても、私たちは肥満する」
です。

私たちは、わずかな栄養過多も、過小も、その調節不良を関知するのは難しいのです。

そして、肥満の第三法則は
「私たちの成長や脂肪蓄積が、食欲を決定する」です。

さまざまな形で人工的にホルモンバランスを崩したマウス・ラットを作ると、それらの動物は、脂肪細胞を太らせたまま、ほかに必要な内臓や筋肉に栄養が行き渡らずに、栄養不良に陥ります。

ある意味、太っている人、あるいは、太りつつある人は、常に

脂肪細胞にエネルギーをとられて、飢餓状態

にあるのです。

それは、ホルモンや酵素のバランスの崩れから起きているのですが、それを解決しないのに減食や、運動を促すのは、大変間違った結論になります。

つまり 生物学的問題で、飢餓状態なので 沢山食べたり 運動する気がなくなったりするらしいのです。

感想や ご意見 質問等ございましたら、上の「コメントをどうぞ」のリンクをクリックしていただけますと 書き込めます。お気軽にお書き込みくださいませ、お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です