潜在能力で解決できる

こんにちは! サテンクレープの生地屋店長です。

  • 今 勝間和代さんがサポートメールで ブックレビューしている本です。
  • 人は知らず知らずのうちに マイナスの壁(制限)を設けている、それを開放して潜在能力を発揮して行こうと言うものです。
  • 壁を作っていると 催眠術にかかったようなもので 本当にできなくなります。
    「わたしは 数字に弱いんで・・・」
    「パズルは どうも苦手で・・・」
    口に出して言うだけで 脳(体)が反応して 余計に苦手になってうまくできなくなるそうです。ありそうですね。
  • 他の本にも書いてあったのですが、「いやだ いやだ」と思いながらやると 能率上がりません。空元気でもいいので 「やる気が出てきた」と暗示をかけたり、楽しんでやると 本当に楽しくなり 能率が上がります。
潜在能力であらゆる問題が解決できる

潜在能力であらゆる問題が解決できる

(欧米 特にアメリカでは 一般に謙遜は美徳ではありません。ですので この本の題も かなり大げさに書かれている(日本人の感覚では)と 思ってください。決して 怪しげな本ではないと思います)

ご感想や ご意見 質問等ございましたら、下の「Leave a reply」(空色のリンク)をクリックするか、黒字の「コメントを残す」の下の四角の空欄に書き込めます。お気軽にお書き込みくださいませ、お待ちしております。

潜在能力で解決できる」への2件のフィードバック

  1. 生地屋のおやじ

    原著の題はどうも
    NATURAL BRILIANCE Overcome Any Challenge… at Will
    のようです。直訳すると
    「自然の素晴らしさ  意思の力でどんな挑戦も克服できる」
    でしょうか? やっぱり 日本人の感覚では少し大げさ過ぎますね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です