高利回りにつられて、外貨預金や海外債券の投資信託をやってはいけません!

外貨預金や海外債券型投資信託

外貨預金や海外債券型投資信託

3-12%くらいの高利回りのものが あります。ですが 現地通貨建てです。そのような国は インフレ傾向で、毎年為替が下落します。インフレだから 高利回りなんです。将来換金時に 為替で元本割れの危険性さえあります(逆なら 万々歳ですが、そんなリスクを冒す必要は全くないと思います)

長期的には 為替が下落して、国内金利と大差なくなると言われてます。そのようなマイナーな通貨(ペソ レアル ランド等)は、両替手数料もバカ高く、往復でかかりむしろ不利です。

(そうでなければ、マイナス金利で 少しでも利回りの高い運用先を血眼で探している 国内の債券型を主にやる機関投資家の資金が、大量に流れ込む筈です)

私は 毎月分配型投資信託同様 錯覚を利用した、買う方に不利な金融商品だと思います。(向こうはバカ高い両替手数料等で 確実に儲かります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です